ホーム

頭頂部の薄毛のメカニズムとは?Part4

読了までの目安時間:約 2分

頭頂部や前頭部の禿げの場合、ヘアケア不足や不健康から来るのは当然です。

しかし、それだけでなく前頭部や頭頂部はAGAと呼ばれる男性型脱毛症が原因となります。

これは、この部位においてはかなり高い確率で男性型脱毛症を疑うのが正解です。

この症状は、年齢に関係なく起きます。

男性型脱毛症を簡単に紹介すると、男性ホルモンの過多や、異常分泌を起点に元々体内に存在する5aリダクターゼと言う還元酵素と結び付く事で生成されるジヒドロテストステロンが大きな問題となるのです。

このジヒドロテストステロンは強力な禿げの促進を促す成分で、発毛サイクルを著しく変化させます。

ジヒドロテストステロンは、強力な脱毛効果を示し、発毛サイクルを狂わせ、抜毛サイクルを早め、発毛サイクルを遅くすると言う特徴があるのです。

男性型脱毛症はこういったメカニズムで引き起こされるのです。

ヘアケアや、健康に留意すると言った後天的な要素でなるものではなく、男性型脱毛症はむしろ先天的で一種の病気と言っても過言ではないものなのです。

これは自然には治りませんし、一般的な育毛剤などでは効果を見る事は出来ません。

男性型脱毛症は、それに合った薬品を服用する以外に治す方法はないのです。

 

頭頂部の薄毛のメカニズムとは?Part3

読了までの目安時間:約 2分

まず考えなくてはいけないのはヘアケア不足と不健康を改善する事です。

髪の毛や頭皮も身体の一部です。

多くの人が勘違いしているのは、ヘアケアや不健康であっても育毛剤や薬を使用すれば禿げは治ると言う他力本願的な考え方です。

そんなものでも土台がシッカリしていなければ、不安定ですぐに崩れてしまうものです。

土台を整えずに育毛剤や薬で無理矢理髪の毛を生やしても、それは一過性に過ぎないと言う事です。

10代の人にとっては長期に渡ろうが一過性の治療では無く、その後治療によって長く継続する様な治療法を取らなければなりません。

でないと、今後一生育毛剤や、育毛薬を使用する羽目になり、その金銭的負担は大き過ぎるものです。

出来る限り、ピンポイントで自身のタイプを探り、ピンポイントで原因を解明し、ピンポイントで集中的に治療を行う事が理想的なのです。

それによって、暫く時間はかかりますが、すぐにリバウンドが起きる様な状況には陥らない事でしょう。

ここは急がば回れの諺通り、直接的な治療にすぐに取り掛かるのではなく、下準備をシッカリする事を第一義とする様にして下さい。

禿げにずっと悩むのも、禿げの為に莫大な金額を注ぎ込むのも出来れば避けて通りたいものです。

 

頭頂部の薄毛のメカニズムとは?Part2

読了までの目安時間:約 2分

いわゆる若年性、壮年性と言う言葉が付く禿げがありますが、これらに大きな相違はありません。

若年性脱毛症と言うと、そう言う禿げの種類があると思われがちですが、実はそうではありません。

壮年性脱毛症も同じ事です。

若年性にしても、壮年性にしても、元を辿れば理由は同じです。

ただ、そこに若い故に死滅した毛根や毛穴が存在するか、年寄り故に死滅している毛穴や毛根がある為に限界があるかの違いだけなのです。

禿げというものの原因には大きく分けて2種類あります。

1つはヘアケア不足や不規則な生活に因る生活習慣病等からくる不健康が考えられます。

もう1つはAGAと呼ばれる男性型脱毛症と呼ばれるモノが原因です。

今のところ頭頂部に禿げが集中している場合、この2点で考えていく方法が正しいと言えます。

当然、10代で未成年の場合、育毛剤にせよ、育毛薬にせよ、親の同意なくして購入出来ません。

購入できたとしても、10代で継続して購入できるほど安くもありません。

育毛剤や育毛薬は、ある程度の長期間使用続ける必要があり、費用的なものは自分だけで何とかすることは不可能です。

故に、自分自身の禿げのタイプを導き出し、どうすれば正しく治療できるのかシッカリ把握して親と相談しながら治療にあたる必要があるのです。

 

頭頂部の薄毛のメカニズムとは?

読了までの目安時間:約 2分

10代で既に頭頂部が薄くなると言うのは相当なショックな出来事です。

これからの長い人生を考えても絶対に治したい事でしょう。

年相応の禿げはどこかで諦めもつくものですが、10代での禿げは諦めようがありません。

これから就職や恋愛、結婚などをしていく身にとって禿げは大きなハンデです。

しかし、10代でなる事は不幸中の幸いかも知れません。

年齢がいってなる場合は、死滅した毛根や毛穴も多くあるでしょうから、そこからは何をしても発毛はしないものです。

10代の場合、何らかの理由で発毛サイクルが乱れ抜毛や薄毛を引き起こしているだろう事が想像出来ます。

つまり、この原因さえ取り除けば比較的完全な状態に戻す事はそれほど難しい事ではないでしょう。

若い故に成長の過程で、育毛や発毛を阻害する何かが発生している可能性が高いのです。

年がいっている場合、複合的な理由が考えられますので、問題の解決は意外と複雑だったりします。

若い人の場合、その理由が単体的であると考えられますので、まずはそれを探り出す事です。

自分自身がどのタイプの禿げなのか、何が原因でなってしまったのか、何をすれば治るのか、それらが必然的に判って来るのです。

そこで、まずは自分の禿げのタイプを考えてみましょう。

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報